〒108-0073 東京都港区三田4-1-27 FBR三田ビル 6階 NSENSE株式会社

(日刊工業新聞記事 2021/03/24 05:00)

NSENSE(エンセンス、東京都港区、梁川豪之社長)は、自社の映像認識システム「ピタス」に人工知能(AI)を使った万引防止機能を追加した。
既存の監視カメラとシステムを接続するだけで、来場者の異常行動を従業員のスマートフォンなどに通知する。スーパーマーケットなどの店舗に提案する。価格は個別見積もり。

ピタスは監視カメラの映像を用いて小売店舗の人の流れを可視化したり、性別や年齢などで属性を分析したりできる。
新たに追加した万引防止機能は、開発を進める顔認識技術を活用。万引を疑える行動をとった人物の顔を記録し、追尾する。

複数店舗の状況を共有できるクラウドのほか、インターネットにつながないローカルサーバーも提供する。
利用にはピタスの導入が必要だが、利用する機能の選択などのカスタマイズ(個別対応)に応じる。